英語ができる人と英語ができない人の10個の違い








今現在、社会人の人ならば、中学、高校と最低でも6年は英語の勉強をしていると思います。

それだけ勉強をすれば誰でも英語が簡単に話せるようになっても良さそうなのですが、英語ができない・・・と言う方が多いのが現実です。

たくさんのお金をかけて勉強した人や、一生懸命に単語帳を作って暗記をしてみたり。でも、お金や労力をかけたわりには思ったような効果が得られず、挫折してしまったりした人も多いと思います。

それはどうしてなのでしょうか。

そこで、今日は英語ができる人と英語ができない人の違いをご紹介したいと思います。




 

1.「人が好き」





英語をネイティブの人に話して通じた時はとても嬉しいものですよね。

それがたった一言の単語であっても、一度でも経験をすると、語学の勉強のモチベーションが上がります。いわゆる成功体験です。

語学の勉強をする一番の楽しみは、コミュニケーションをとりたいということなのだと思います。ですので、人が好きな人でおしゃべりが好きというのは、語学の上達が早くなるのです。

完璧な英語でなくても、とにかく人と話をしたいという気持ちは相手にも通じるからです。





2.「恥ずかしさを捨てられる人」





これは、間違いを恐れない人のことです。誰でも最初は完璧に話ができません。

赤ちゃんを見ていても、最初から完璧に話せるわけではありませんよね?でも、赤ちゃんは「間違えたらどうしよう、恥ずかしいな・・・」とはきっと思っていないと思います。その証拠に覚えた言葉をひたすらしゃべっています。
語学も同じなのですね。

間違いを恐れて、「完璧になってから話そう」、では、きっと一生そのときはやってこないかもしれません。

恥ずかしさを捨てる勇気が大切です。

 




3.「間違いを恐れず、とにかく話す人」





これは、その2と似ているのですが、とにかく、間違いを恐れずに、覚えたことを片っ端から話をしていくことは、とても大切なことです。

そして、たくさん、間違えた人ほど、上達が早くなります。間違えたことって、とても記憶に残りやすいんですよね。だから、逆にちゃんとした言い方を学べるチャンスでもあるのです。

そして、間違いがもとで、相手の人と仲良くなるきっかけになったりもしますので、どんどん話をするのが上達の近道です。




 

4.「自分の意見を言える人」

 



そもそも、英語ができるようになりたい理由はなんでしょうか。

仕事で英語が必要
外国人と友達になりたい
留学したい
海外に住みたい etc…

色々と理由はあると思います。

でも、共通して言えることは、自分の言いたいことが言えて、相手の言っていることが理解できるようになりたい、だと思います。


自分の言いたいことがきちんと言える人は、そういう意味で、英語の上達も早いのです。とにかく、文法など気にせずに、言いたいことを言った方が、相手に伝わります。


逆に、自分の言いたいことがない人は、いくら英語の勉強をしても、内容がないのでお決まりの表現しか言えないということになります。

 



5.「日本語も好きである」

 



日本人は日本語が母語です。やはり、日本人である以上、母語である日本語ができずに、英語が上達することはありません。日本語に敏感な人が英語の上達も早いのです。


たとえば、日本語でわからない単語を見つけると、すぐに辞書で調べる人などです。

そして、日本語で文章を書くのが好きな人、または苦にならない人は、英文を書くことにも長けてる人が多いのです。

 




6.「好奇心がある人」

 



とにかく、好奇心が旺盛な人は語学の上達も早いです。

「これ、英語でなんて言うのかな?」などと疑問に思ったことをすぐに調べる人などです。その国の文化や社会に興味があるのも大切なことですよね。何事も興味がないと飽きてしまいます。

ですので、語学習得には好奇心がかかせないポイントです。これは語学だけでなく、人生全般に言えるのかもしれませんが。



 

7.「常にその言語に触れる」

 



語学ができる人は必ず、常にその言語に触れています。まとまった時間でなくても、すきま時間に、その言語の新聞や雑誌を読む、またはDVDで映画を観るなど、日常的にその言語に触れるようにすることは大切です。

1週間に1度だけ、たくさんの時間を勉強にあてるよりも、毎日少しでもその言語に触れる、それが上達への近道なのです。

これはスポーツのトレーニングと同じですね。語学もトレーニングの一種なのです。何事にも言えるのですが、やはり「継続は力なり」です。

 



8.「よく笑う人」

 



笑顔の人の所には人が集まります。誰でもしかめっ面の人よりも笑顔の人のそばにいた方が気分がいいですよね。これは世界各国共通です。

ですので、よく笑う人や笑顔の人は、人とコミュニケーションが取りやすいのです。結果、ネイティブの人と話すチャンスが増えたりするので、それが上達につながるのですね。

笑顔でいると相手が気持ちいいだけでなく、自分も気持ちいいので、ぜひ、いつも笑顔でいることを心がけましょうね!


「笑う門には福来る」です。

 



9.「明確な目的を持っている人」



 

英語ができる人は、「英語を使って、これがしたい!」という明確な目的を持っている人です。

ただ漠然と、英語ができるといいな~と思っているだけでは、英語の上達は見込みがないかもしれません。

目的は何でもいいのです。たとえば英語の資格をとって、外資系に会社に転職とか、翻訳の仕事をしたいとか、ネイティブの恋人がほしいなど。
人間、目的がないと何事も継続するのは大変です。ですので、英語を使って何をしたいのか、それをまずは、紙に書いて壁に貼り、毎日それを見て、勉強のモチベーションをあげることも大切です。


 


10.「たくさんの恥を経験する」

 



人間は、間違えながら、失敗しながら成長していきます。それは語学でも同じなのです。
英語ができる人は、どの人もたくさんの間違いを経験しています。

よく、場数を踏むと言いますが、やはり、経験に優るものはないのです。

そして、恥をかけばかいた分、それが自分の知識となるのですね。失敗を恐れず、体当たりすることが語学上達の近道です。



英語ができると世界が広がります。人生の楽しさが増えるのです。

まずは、英語を勉強すると決心をし、第一歩の行動を起こしましょう。恥をかくことを恐れずに。そこから新たな世界が始まるのです。





 

<おまけの名言>



「All things are difficult before they are easy.」
by  Thomas Fuller

「何事も最初は難しく、やがてやさしくなる」 
by トマス・フラー(イギリスの聖職者、歴史家)

 

当記事の著者:じゅりあ〜のさん

ドイツでパン職人の修行を積み帰国。今でも年に2、3度ドイツへ遊びに行く国際人

じゅりあ〜のさんのブログはコチラ:http://ameblo.jp/ichliebecafe

 

誰でも簡単に英語を話せるようになるトレーニング!
「英語って難しい」「何年も勉強が必要」と思っていませんか?私、宗形の生徒さんは早い人なら3週間〜3ヶ月で英語を話せるようになっています。


私の生徒さんも実践しているトレーニング音声をプレゼントしています!すぐに英語が上達します!




Facebookページにもご参加ください「わいわい英会話」のFacebookページでは、毎日英語上達に役立つコツをお届けしています。さらに!今、私の生徒さんの横沢さんが4週間の英語学習でどれだけ話せるようになるか?というチャレンジ企画をお届けしています!