未来を表現する英語【will】と【be going to】の違い



英語には、未来を表現する方法として “will” や “be going to” があります。

これは、みなさんも中学校の英語の授業の時に、学んだことがあると思います。ところが、will = be going to と習いましたが、実は、ちょっとした違いがあります。

映画で有名なセリフ、「結婚してくれないか?」と言うときに、Will you marry me? (ウィルユーメアリーミィー)とありますが、こちらをAre you going to marry me? だと意味がおかしくなるからです。

あなたにはこの違いが分かりますか?今回は、will と be going to の違いについてまとめました。

最後に簡単なテストもありますので、そちらも楽しんでやってみて下さい。

 

willの使い方

 

①単純に未来について表現する

あらかじめ決まっている予定ではなく「予測」を表します。

例) It will rain tomorrow. (明日は雨が降るだろう。)

 

②will は、話し手の意思を表現する

例1) Do you have any plans for today? (今日は何か予定があるのかい?)

    No. I will probably stay at home today. (いいや。今日はおそらく家にいると思う。)

例2) The phone is ringing… (電話が鳴ってる。。。)

     I’ll get it. (私がでるよ。)

 

③未来進行形を使うことで未来においての動作の進行も表現する。

例3) It will be raining on Sunday morning.   (日曜の朝に雨が降っているでしょう。)

 

be going to の使い方

 

①事前に計画していたこと、または明らかにそうなるであろうと言う未来の出来事に使う

例1) I’m going to Kyoto in a few days. (2,3日後に京都に行きます。)

そのため、天気予報などで明日が雨だと見た場合は、

例2) It’s going to rain tomorrow. (明日は雨が降るんだって)

のように使われます。

また、空模様が暗い時に、

例3) It’s going to rain. (雨が降りそうだ。)のように使われます。

 

②過去形は、「〜するはずだった(のにできかった)」と言う実現不可の意味になる。

I was going to do it. (私がそれをするはずだったのにできなかった。)

 

will と be going to の違い

それでは、練習問題を行ってみましょう。問題は『スッキリ解消!英語・素朴な疑問100』から選出しています。

(    )の中に、will または be going to を入れてみましょう。

1.Judy (    ) have a baby next month.

2.Study hard. Then, you (     ) pass the exam.

3.Look at the cloud! It (    ) rain.

4.Perhaps we (     ) meet her someday.

5.I (    ) see him at the hotel at 3 p.m. tomorrow.

6.Ken was such a nice guy. I (       ) never forget him.

※回答は最後にあります。

 

いかがでしたか?will には単純に未来のことを表現する意味が、be going toは事前に決まっていると言う意味が入っていたんですね。

冒頭の Will you marry me? が be going to じゃないのは、Will you? と聞くことで、相手の意思を聞いていて、確実に決まっているかどうか分からないドキドキさが伝わってきます。

ここで、Are you going to marry me? であると、「私と結婚するつもりある?」のように、計画や事前の何かが見え隠れしてしまい、全くもってロマンチックじゃないんですよね。

あなたもくれぐれも、Are you going to marry me? と聞かないように注意して下さいね。

 

問題の回答

1.is going to / will (ジュディーは来月出産予定です。)

2.will (しっかり勉強しなさい。そうすれば合格するでしょう。)

※勉強すれば、という条件付きの不確実な未来
 
3.is going to (あの雲を見て!雨になりそうだね。)

※雲の様子から雨はほぼ確実

4.will (おそらく彼女にはいつか会えるだろう。)

※不確実な未来のことなので

5.am going to / will (明日3時にホテルで彼と会う予定です。)

6.will (ケンはいいやつだったな。彼のことは忘れまい。)

※話し手の意志

参考文献:『スッキリ解消!英語・素朴な疑問』マクミランランゲージハウス

誰でも簡単に英語を話せるようになるトレーニング!
「英語って難しい」「何年も勉強が必要」と思っていませんか?私、宗形の生徒さんは早い人なら3週間〜3ヶ月で英語を話せるようになっています。


私の生徒さんも実践しているトレーニング音声をプレゼントしています!すぐに英語が上達します!




Facebookページにもご参加ください「わいわい英会話」のFacebookページでは、毎日英語上達に役立つコツをお届けしています。さらに!今、私の生徒さんの横沢さんが4週間の英語学習でどれだけ話せるようになるか?というチャレンジ企画をお届けしています!