ネイティブレベルの英語を諦めてから私の英語力が上達した5つの理由







資格天国の日本。それは英語の分野でも同じです。企業においてはTOEICが850点以上というのが条件という会社も多いですよね。TOEICの点数でその人の英語力が決められてしまうのはちょっと残念な気がします。

確かにTOEICの点数は低いよりも高い方がいいとは思います。

ですが、TOEICの点数が高いからと言って、英語ができるとは限らない現状もあります。TOEIC950点、英検1級を持っていても、実際の仕事ができるとは限りません。逆にTOEICなどを受けたことがない人が、海外の企業と対等に交渉をしている方はたくさんいます。



日本人は、完璧に話さなくては!というある種の強迫観念?みたいな思いこみを持ってしまっている方が多いと思います。ですが、ビジネスでは、流暢に英語が話せるかよりも、どれだけ熱意がある方が大切だったりしたりします。

そうすると、相手の方は、完璧な英語でなくても、一生懸命に話を理解しようとしてくれるものです。

逆の立場になって考えてみるとわかると思います。交渉相手がたどたどしい日本語しか話せなくても、ものすごい熱意で、自分の製品などを説明してきたら、きっと、一生懸命になって理解しようとするはずです。



完璧さを目指すよりも、自分の言いたいことを簡単な言葉で説明できる方が、相手にも伝わりやすいですし、自分も楽だと思います。



そこで、ネイティブレベルの英語を諦めてから英語力が上達した5つの理由をご紹介したいと思います。




 

英語が完璧にできなくて当たり前と開き直る

 



これは、とても大切なことだと思います。英語の勉強をしていて、陥りがちなのが、「こんなに一生懸命に勉強しているのに、なんで自分の英語は上達しないのだろう・・・」と自分を責めてしまうことがあると思います。

これは、非常にもったいないことです。

絶対に勉強した分は確実に上達しているはずなのです。「いつまでたってもできない・・・」と落ち込むのではなく、そうではなく、逆転の野発想で、まずは、「できなくて当たり前」という所から始めると、ひとつフレーズを言えるようになるたびに、「あ、やればできる!」という喜びになります。

そうすると、勉強のモチベーションも上がってくるはずです。



 

簡単な英文をたくさん読む。





仕事で英語を使うので、まずはビジネス英語の勉強を始める方は多いと思います。

英字新聞やTIMEを読んだり、CNNを観たり。でも、いきなりハードルをあげると、挫折する原因になってしまうことが多いのです。

それよりは、まず、簡単な英文で書かれている本などをたくさん読むことがおすすめです。いわゆる多読です。
よく、簡単な英文ということで、児童書やリトールド版の本を薦められますが、内容が飽きてしまって、続かないということがあります

それよりは、ちょっと高度になりますが、シドニー・シェルダンなどの文章がおすすめです。

リトールド本と比べると、ものすごい厚い本に感じてしまい、読み切るのかな?と不安になるかもしれませんが、彼の作品はとてもわかりやすい英語で書かれていますし、会話が多いので、使えるヒントになるフレーズがたくさんあると思います

それにストーリーがおもしろいので、挫折せずに読み切れると思います。女性の方でしたら、ダニエル・スティールの作品、ニコラス・パークスの作品やソフィー・キンセラの「レベッカのお買いもの日記」シリーズなどがおすすめです。どれも、日本語訳の本がありますので、先にそちらを読んで大まかな内容を把握してから洋書を読むと理解しやすいと思います。

英英辞書を使う

 



慣れないうちは、英英辞書はとても難しく感じますが、言葉を説明する文章のフレーズの勉強に役立つのです。
難しい単語を知らなくても、優しい言葉で説明をすれば、言いたいことを理解してもらえるようになるからです。



 

お気に入りの洋楽をたくさん覚える



 

意外に思いますが、洋楽って、英語の勉強にとっても役立つのです。
よく英語の勉強には洋画がいいと言われますが、確かに今はDVDのおかげで、字幕があるので、勉強にはもってこいです。

でも、映画だと1本が長すぎるんですよね。

これを全て暗記するのはとても大変です。ですが、歌ですと、1曲は数分です。これなら覚えるのにそんなに苦労しないですみます。

まずは、歌詞をみながら、好きな歌手の曲をひたすら聴きます。

このとき、日本語の訳を見て、意味がわかってから聴いてください。

そして、一緒に口ずさむのです。何度も何度も。そして歌詞を覚えるのです。次は、歌詞を見ないで一緒に歌います。歌詞を見ないで歌えるようになったら、最後に、英語の歌詞を紙に書いてみるのです。そして、歌詞をみて答え合わせをするのです。

こうして、一曲を完璧に覚えると、けっこう使える表現を覚えているのです。


この方法のいい点は、音楽なので、フレーズがよみがえりやすいのがポイントです。
よく、思い出の音楽を聴くと、その時の場面などが鮮明に思い出されることがありますよね。それと同じ感覚なのです。



こうやって、何曲も覚えていくと、かなりの英語のフレーズが頭に入っているはずです。

 



自分の好きなことを英語で説明できるようになる



 

自分の好きなことは、日本語でならよく理解しています。ですので、英語で書かれていても、単語がわかるとけっこう、理解できたりすることが多いのです。

そうすると、わかることが多いので、読んでいても楽しくなってきます。そして、たどたどしくてもいいので英語で説明できるようになると、自信がつくのです。
自分の興味のあることなら、抵抗なく入りやすいのでおすすめです。




結局、英語力とは、相手とコミュニケーションをとることだと思います。
完璧さを求めず、間違えても気にしない、そんな勇気をもつことではないでしょうか。


まずは、単語を並べるだけでもいいので、ネイティブの人に通じるという楽しさを重ねることが大切だと思います。
たくさんの単語を知らなくても、英文法がわからなくても大丈夫! ネイティブの人も同じ人間です。

色々な思い込みをはずして、英語を楽しみましょう。

<おまけの名言>

「Failure is a stepping stone to success.」

「失敗は成功のもと」


誰でも簡単に英語を話せるようになるトレーニング!
「英語って難しい」「何年も勉強が必要」と思っていませんか?私、宗形の生徒さんは早い人なら3週間〜3ヶ月で英語を話せるようになっています。


私の生徒さんも実践しているトレーニング音声をプレゼントしています!すぐに英語が上達します!




Facebookページにもご参加ください「わいわい英会話」のFacebookページでは、毎日英語上達に役立つコツをお届けしています。さらに!今、私の生徒さんの横沢さんが4週間の英語学習でどれだけ話せるようになるか?というチャレンジ企画をお届けしています!