英語のインプットとアウトプットの効率を10倍高める英語練習帳の作り方



 私たちは、気付かない間に、中学高校の英語教育を受ける中で、英会話を話すために大切なものを失っています。そして、英会話の上達を妨げる、ある種の「症状」を抱えてしまうのです。

私は、この症状を、「欲しがり屋さん症候群」と呼んでいます。

どういう事かと言うと、既に、日常英会話をこなすのには十分な知識があるにも関わらず、「もっともっと知識を下さい」と知識を追い求めてしまうのです。

しかし、これは英語に関わらず、仕事でも趣味でも何でもそうなのですが、知識は実践してこそ初めて意味があります。英会話で言うと、これだけ多くの日本人がどれだけ英語を勉強しても話せるようにならないのは、「実践」が欠けているからです。

そこで今日は、あなたが吸収する英語の知識の量(インプット)と知識の実践(アウトプット)のバランスを上手く取って、英会話に必要なスキルをグングンと上達させる方法をお話します。

 

インプットとアウトプットをバランス良く行い
グングン上達する英語学習法とは?

それでは、実践方法を、まずは、動画でお教えしますね。

いかがですか?

要点をまとめると、まず自分だけの英語練習帳を作って、自分が使いたい単語や英語フレーズだけに限定して書き込みます。そして、ブログや日記などで、その英語フレーズの解説や、どんな時に使えるのかを書き記しておきます。

すると、その英語フレーズを使う状況や、発声する時の感情も合わせて記憶することができます。

こうやってあなた自身が作り上げる英単語集や英語フレーズ集は、市販のものよりも遥かに価値があります。それでは、『自分だけの英語練習帳学習法』の実践方法をお話しますね。

 

5ステップでできる自分だけの英語練習帳で
知識のアウトプットをするトレーニング

 この学習法の良いところは、最低限の時間で、英語フレーズ、英単語、発音が身につくことです。以下の5つのステップに沿って実践してみて下さい。

 

1.使い慣れている手帳やノートを用意する

 まずは、あなたが使い慣れている手帳やノートを取り出して、次のようなレイアウトを作って下さい。

 必要な項は、以下です。

  • 英語フレーズを書く欄
  • いつ、その英語フレーズ を知ったか?
  • どこで、その英語フレーズを知ったか?
  • 詳細や気づき

ここまでは特に解説は必要ないと思うので、上の画像を例に真似して書いてみて下さいね。分からない単語があったら、それを調べて詳細や気づきの欄に書いておきましょう。

 

2.自分だけの英語フレーズや英単語を集める

 ノートが出来たら、次は英語フレーズや英単語を集めて行きましょう。しかし、実際に英語を聞く機会は、中々ありませんよね。

そこで、私がやっていたのは、海外ドラマを見て集めることです。

海外ドラマを字幕ありで見て、気になる表現があったら、何度も聞いてどんどん英語練習帳に書き込んでいきました。海外ドラマは、実際に使う活きた英語フレーズばかりなので、これを実践すると、英語力はグングン伸びて行きます。

最近Yahooのニュースに載っていて知ったのですが、Hulu.jpというサービスは、月額980円で海外ドラマや映画の大半が見放題で、とても便利です。

海外ドラマのおススメはFriendsです。ストーリーも面白いし、実際に使える英語フレーズばかり出てくるので、まずはこれから見てみると良いでしょう。

 

3.Say it Post it でアウトプット

 ここまでで、英語のインプットは十分です。とても簡単ですよね?

でも、インプットだけで終わらせてしまうと、実際の英会話のスキルはほとんど上達しません。そこで、効果的なのは、自分一人で自宅で出来るSay it Post it トレーニングです。

詳しいやり方は、「たった3日で簡単に英語脳が身につくSay it Post it トレーニング!」で解説しているので参考にして下さいね。

 

4.外で実践アウトプット!

 自分一人で出来るSai it Post it トレーニングで、覚えた英語フレーズを無意識に使えるようになったら、次は実際に外で試してみましょう。

あなたの周りに帰国子女や海外留学生がいれば、あなたが英語を練習していることを伝えて、積極的に英語を使って行きましょう。周りにそうした人がいない場合は、一緒に英語を練習している友人と実践することでも十分効果があります。

一緒にショッピングしたり、ランチしたりしてどんどん英語を使って行きましょう。

 

 5.実際に使って通じなかったものを重点的に復習する

 こうやって、外で実際に英語を使ってみると、通じたものと通じなかったものと出てくると思います。

そこで重要なのは、通じなかったものを重点的に練習していくことです。なので、練習帳の中で通じなかった英語フレーズには印を付けて、通じるようになるまで練習しましょう。そして、通じるようになったら印を消して下さい。

英語が通じない原因は、2つ考えられます。

  • 英語フレーズを間違えている
  • 発音を間違えている 

英語練習帳の中に、「どこでその英語を知ったか?」を書いているはずなので、例えば海外ドラマから知ったものなら、後からいつで確認できますよね。

 

最後に

 この『自分だけの英語帳学習法』は、私自身、今でもやっています。

こうすることで、日本に住んでいても、英語力が全く衰えず、外国の友人からも、「アジア人は、母国に帰るとすぐに英語を忘れるのに、サトシは全然忘れないね!」と驚かれます。

初心者でも上級者でも、役に立つ方法だと、自信を持っておすすめします。

また、繰り返しですが、最後にもう一度お伝えしたいことがあります。

それは、学校の英語では、教えられたことだけを吸収すれば良いだけでした。しかし、その中には、実際の英会話には全く使わないような単語や文法ばかりで、英会話には繋がりません。

学校の英語教育と、英会話の練習は全くの別物です。

最初は限られた英語、偏った英語でも良いので、自分が使いたいと思うものから覚えて、実際に口に出すという練習をしていくようにして下さい。本当は、英会話を楽しめるようになるために、何年も猛勉強をする必要はありません。

誰でも簡単に英語を話せるようになるトレーニング!
「英語って難しい」「何年も勉強が必要」と思っていませんか?私、宗形の生徒さんは早い人なら3週間〜3ヶ月で英語を話せるようになっています。


私の生徒さんも実践しているトレーニング音声をプレゼントしています!すぐに英語が上達します!




Facebookページにもご参加ください「わいわい英会話」のFacebookページでは、毎日英語上達に役立つコツをお届けしています。さらに!今、私の生徒さんの横沢さんが4週間の英語学習でどれだけ話せるようになるか?というチャレンジ企画をお届けしています!