翻訳家が教える3ヶ月で英文をスラスラ読める様になるための7の手順



 翻訳家は、当然ですが英文や英語の記事をスラスラと読むことが出来ます。また、翻訳家でなくても、普段から英文を読み慣れている人は問題なく読むことが出来るでしょう。しかし、ここで1つの疑問が出てきます。

 「スラスラと読める人の頭の中は、一体どうなっているの…?」

もちろん、翻訳家だって最初からスラスラ読めたわけではありません。翻訳家として専門のトレーニングを積んだり、あるいは英文を読む勉強を重ねて「読むスキル」を身に付けたのです。

それでは、翻訳家が「英文を読むスキル」を得るための方法とは、どのようなものなのでしょうか?本日は、その特別な方法をご紹介します。この方法だと、上達の壁を感じることなく、比較的スムーズに「読むスキル」を手にすることが出来るのです。

そして、3ヶ月程度で「読む力」に大きな上達を感じることができます!それでは、さっそく確認していきましょう。

 

1. 読む環境を整えよう!

 さて、まず行っておきたいのが「環境作り」です。闇雲に英字新聞を購入して読んでも、その1回だけで挫折する可能性があります。つまり、「定期的に読む環境」を整えることが第一歩と言えるでしょう。

具体的には「媒体」を探す作業ですね。英字新聞にするのか、あるいはインターネットの記事を読むのか、さらには英語の書籍を購入するのか、様々な環境があると思います。

最初は複数の媒体に手を出すのではなく、1つの媒体に絞り込んだ方が良いと思いますよ。初心者の方であれば、「ワシントンポスト」のキッズ版などがオススメでしょう。「Kids Post」で検索すればヒットしますし、PDFで記事をダウンロードすることも可能です。たとえば、前日に記事をダウンロードして、それをiPadなどに落としておくと便利だと思います。

さらにスマホユーザであれば、「BBC」や「FOX NEWS」の無料アプリが便利です。無料ですし、電波が届くところであればいつでも英文の記事を読むことが出来るでしょう。

 

2. 読む時間帯を決める

 これも非常に重要なことです。基本的には「好きな時」に読めば良いのですが、大切なのは「定期的(できれば毎日)読む習慣をつける」ということです。

したがって、毎日の通勤時や通学時、あるいはランチタイムの時間帯など、「その時間になると自然と手が動く」というクセを付けておきましょう。

英文をスラスラと読むことは、短期間で身に付くスキルではありません。その中で「3ヶ月」と期間を設定するのであれば、やはり「毎日読む重要性」を理解することが重要なのです。

 

3. すぐに調べられる環境を整える

 翻訳家でも、読んでいて「この単語は知らない…」ということがあります。日本人である以上、英文を読む行為は「知らない単語との出会い」なのです。

もちろん、そのまま放置するわけにはいきません。分からない単語が出てきたら、「すぐに調べられる環境」を整えることが大切でしょう。小さめの電子辞書を用意しても良いですが、スマホユーザの方は「辞書アプリ」をダウンロードしておきましょう。

たとえば、「English Word Search」などはオススメです。「英辞郎on the web」と連携したアプリであり、検索すると英辞郎のサイトにジャンプします。

また、翻訳会社「GLOVA」が無料で提供しているオンライン辞書、「怒涛の訳例」もオススメです。ブックマークしてお気に入りに登録しても良いですし、スマホユーザであればブックマークをホーム画面に置いておきましょう。タップすればすぐに立ち上がるので便利ですよ。

 

4. 英文の主題を取る

 さて、ここからが本番です。ここまでの作業はあくまでも「下準備」であり、ここからが「スラスラ読むためのトレーニング」になります。

これはリスニングやTOEICのパート7でも同じですが、「何が主題なのか?」を理解せずに読むのは危険です。

たとえば、日本語のニュース番組を見ても、「○○事件で強制捜査」のような「字幕」がテレビ画面の下に出ますよね?これは、「活字でそのニュースの主題を理解してもらい、その上でニュースの内容を伝える」という役割を持っています。

リーディング(読むスキル)もこれと同じで、「何についての英文なのか?」を理解せずに読んでも内容が頭に入って来ないのです。

その状態で読み進めても「モヤモヤ感」が頭から離れず、「分からない!」となってしまうのです。したがって、英語の記事を読む場合は、タイトルだけはシッカリと訳すようにしておきましょう。

「何について書かれた英文なのか?」という主題を理解するだけでも、内容の理解度は大きくアップしますよ!

  

5. 「後ろから訳す」は間違い!

 皆さんもこんな経験はありませんか?中学校や高校の頃、英語の先生が「英語は後ろから訳すと良い」と言われた経験です。おそらく多くの方が同じことを言われたことでしょう。

しかし、現代英語教育の世界において、その理論は大きく間違っています。では、翻訳家や英語をスラスラ読める人は、まずどこを見ているのでしょうか?

それが、「主語+動詞」です。「誰が何をしたのか?」こそ、その文章の中の「花形」と呼べる部分です。つまり、最初にその部分を理解して、その「付属情報」として残りの部分を読んでいるのです。

この時も、後ろから訳しているわけではありません。英文を短く区切り、頭の中で日本語として自然になるように「組み立て直す」という作業を行っているのです。

 

6. 英文を短く区切る

 まずは以下の英文をご覧ください。

The leaders of China, Russia and four central Asian countries are meeting in Beijing to discuss the conflict in Afghanistan and other security issues.

上記の解説で、「まずは主語+動詞を理解する!」と述べました。では、上記の英文の「主語」はどれでしょうか?細かく言えば「leaders」になりますが、「主部(主語を含んだ句)」という意味では「The ~ countries」になります。つまり、まずはここで区切って頭の中で訳すわけです。

「中国、ロシア、そしてアジアの主要4カ国のリーダー」という意味になりますが、この日本語を頭の中で反芻(はんすう)しておきましょう。

次に「動詞」です。「are meeting(会う・会議をする)」という意味であり、最初の主部と頭の中でくっつけます。

残りの部分も同様に、「in Beijing」、「to discuss the conflict」、「in Afghanistan」、「and other security issues」と細かく分けて、それを最初の日本語にくっつけていくのです。

 

7. ゆっくり読む

「英文を読んでいてイライラする」という方も多いと思いますが、その多くは上記のステップを踏んでいないのです。

最もダメなのが「英文の媒体もバラバラ、読む時間帯もバラバラ、調べるツールも持っていない」という「下準備が出来ていない人」なのですが、上記のように「まずは主題を理解。続いて主語と動詞を理解し、残りの部分は細かく区切って日本語にくっつける」が出来ていない人が多いのも事実です。

つまり、上記のステップを確実に踏んで読むことが大切なのですが、それが「ほとんど出来ていない」という状況です。

そのような状況を打破するには、やはり「ゆっくりと読む」ということが重要です。

英文を読む「イライラ感」は、「理解できないイライラ感」です。上記のステップを踏めばちゃんと理解できるにもかかわらず、それでもイライラされる方というのは、「ゆっくり読んで1つ1つの疑問を解決できていない」となるんですよ。

少し厳しい言葉で言えば、「読んでいる気分になっているだけ」となり、これでは3ヶ月で英文を読めるようにはなりません。「急がば回れ」のことわざのように、「焦って理解せずに読み進めるなら、時間がかかっても着実に理解を深めていく」の方が圧倒的に得策なのです。

 

まとめ 

いかがでしょうか?最初は時間のかかる作業だと思いますが、このトレーニングを繰り返すうちに読むスピードも上がっていき、「単語力+読解力」も自然とアップしていきます。

翻訳家を始め、英文をスラスラと読める人の頭の中では、上記のステップを自然と踏んで読んでいる事になります。

要するに、それらのステップを着実に、早く踏めるようになるには「多読」が重要と言えるでしょう。ただし、くれぐれも「読んだ気分になっているだけ」は避けて下さい。1つ1つのステップを着実に踏んで、その練習を重ねることで「スピードアップ+着実な理解」が可能になるんですね!

 

誰でも簡単に英語を話せるようになるトレーニング!
「英語って難しい」「何年も勉強が必要」と思っていませんか?私、宗形の生徒さんは早い人なら3週間〜3ヶ月で英語を話せるようになっています。


私の生徒さんも実践しているトレーニング音声をプレゼントしています!すぐに英語が上達します!




Facebookページにもご参加ください「わいわい英会話」のFacebookページでは、毎日英語上達に役立つコツをお届けしています。さらに!今、私の生徒さんの横沢さんが4週間の英語学習でどれだけ話せるようになるか?というチャレンジ企画をお届けしています!