【海外旅行に自信がつく】英語上達させるために行った27つのお助けノウハウ

English conversation

すでに英語が必要な時代。頭では分かっていても、いざ英語を始めようとしてもどうすれば良いのか分からないですよね。いつまでも悩んでいても、前には進めません。

今日はわたしが英語力向上間違いなし!英語の初心者さん必見の英語を素早く身につけるための27のノウハウをご紹介します。参考の一つとして活用してください。


1.自分的英語のゴールラインを明確にする

英語を学ぶために、一番大切なことは、あなたが心から身につけたいと思っていることです。もし、その気持ちがなければ、どの学習法を試しても効果がありません。

もう一度、本当に英語を学びたいかどうかを自分に問いかけましょう。


2.凹むことがあるのでモチベーションアップを見つけておく

効率的に英語力を上達させたいのなら、あなたのモチベーションの源を知りましょう。キャリア・留学・外国人の友人など何でも構いません。大事なことは、英語学習に関して、あなたのやる気のスイッチを知ることです。


3.ゴールを細分化する

明確なゴールを作っておくことはとても重要です。ゴールを定めておくことによって、あなたの学習の進歩を知ることができます。「単語や文法をどれだけ覚えるか?」ではなく、「英語で何を実現したいか?」を設定しましょう。

ゴールを細分化して3ヶ月で達成できる小さなゴールをいくつも設定しましょう。


4.練習をとにかく大大切にする

英会話は、「知識」ではなくコミュニケーションです。英語を読んでいるとき、テレビやラジオを聞いているとき、英文を書いているときなど練習の機会はいくらでもあります。練習をすればするほど間違いも少なくなり、英語のスキルはどんどん上がります。


5.間違いを恐れずに話す

英語を学ぶときに多くの人が直面する問題が、間違えることへの恐怖です。正しく言えているかどうか、周りから見てバカに見られないかどうかを気にしてしまい、全く話そうとしないのです。
 決してそうはならないでください。何事も、短期間で身につけるための秘訣は「行動」です。自分の恐怖に負けないようにしましょう。


6.英語に触れる環境を作る

英語を身につけるための最善の方法は、英語に囲まれた生活をすることです。英語でメモを取ってみたり、英語の本を部屋に置いておいたり、英語の曲やラジオを聞いたり。

一緒に英語を勉強している友人がいれば、どれだけ簡単な英語でもいいので、お互いに英語で話したりしてみましょう。そうすることによって、だんだん英語脳が身についてきます。


7.自分専用の単語帳を作る

どんな言語を学習しているとしても、単語を知ることはとても重要です。そして、単語を覚える際の最も良い方法は、あなたが使いたい英単語を覚えていく事です。

例えば、海外旅行先のホテルで、英語を使ってかっこ良くチェックインしたいのであれば、それに使う単語だけを覚えていきましょう。そして、そのための専用の単語帳を用意しましょう。単語帳が分厚くなっていくに従って、どんどん話せる幅が広がっていきます。


8.学習スケジュールを作る

英語を習得するためには、あなたの生活の中で英語の優先順位を高くしましょう。英語に限らず、仕事、趣味、人間関係など、全てにおいて重要なのは、「継続すること」です。英会話は簡単にできるようになりますが、そのためには継続する努力が大事です。


9.楽しめるような工夫をする

最近のアメリカの研究で、人はストレス下にいるときより、楽しんでいるときの方が能率が上がるということが証明されたようです。ですので、英語を楽しみながら勉強してください。

友達と英語で話してみて、ちょっと恥ずかしい感じになってみたり、英語のゲームで遊んでみたり・・・。子供のようで照れくさいかもしれませんが、とても大事なことです。


10.時間を費やす

当たり前のことですが、あなたが英語に対して時間をかければかけるほど、上達のスピードは早くなります。これは、英語のリスニング、リーディング、ライティング、スピーキング、単語や英語フレーズの勉強など、あらゆることに当てはまります。

そして、ここでいう学習とは、つまらない授業をぼーっと受けている時間ではありません。あなたが、積極的に楽しんで英語と接している時間のことです。


11.毎日読み毎日聞く

iPhoneなどの携帯音楽プレイヤーに英語の音声をいれて、常に英語を聞けるようにしておきましょう。あなたが好きなものを、聞いたり読んだりしてください。英語の曲と歌詞を眺めてみたりするのも良いでしょう。

集中した一時間のリスニングやリーディングは、学校やスクールのどんな授業よりも効果的です。


12.フレーズを集中して覚える

英会話のためには、単語よりも英語フレーズを覚える方が効果的です。リスニングやリーディングを通して、英語フレーズを吸収していきましょう。そして、英語フレーズは、自分で何度も音読することで、少しずつ身についていきます。

最初は、ちゃんと発音できているかどうかなんて気にせずに、どんどん口に出していきましょう。


13.自分で自分の学習に責任を持つ

もし、あなたが英語を学びたくないと思っているなら、当然、英語力は身につきません。もし、心から英語を覚えたいと思っているなら、自分をコントロールしましょう。自分が興味を持って取り組めるような学習方法を探しましょう。

誰かが、あなたに最適な英語学習法を教えてくれるという他力本願な考え方では英語は身につきません。


14.リラックス

何が分かって、何が分からないかなどの細かい点で悩まないようにしてください。また、理解できない言葉や、まだ発音できな音があったとしても、それは大して問題ではありません。学習をすすめるうちに、突然、理解が深まる瞬間が訪れます。

しかし、それがいつになるかは誰にも決めることはできません。ですので、リラックスして楽しんで学習しましょう。


15.イマジネーションを使う

学校の延長線上の勉強にこだわるのではなく、あなたの想像力を自由に使って、好きな方法で学習をしましょう。例えば、単語を覚えるときに、その単語を表す画像や映像を思い浮かべたりしてみてください。英語の勉強は、机にしがみついて行うものではありません。


16.ストーリーと一緒に覚える

新しい単語や英語フレーズを覚える時は、まだあなたの知らない言葉を沢山使っている英語のストーリーを読みましょう。そうすると、単なる暗記とは違い、登場人物の感情や動作を思い描きながら、英語フレーズや英単語を覚えることができます。そして、それは単なる暗記よりも何倍も記憶に定着します。


17.面白い言い回しを覚える

たまには、ちょっと下品なスラング(おかしいフレーズや、ばからしい言い回し)も覚えてみましょう。不思議とそうした言葉ほど覚えやすいものです。


18.子供用の絵本を書いてみる

子供用に、簡単な英語だけを使った絵本を書いてみましょう。いきなり、難しいテーマで英文を書こうとしても挫折してしまいます。しかし、子供にでも伝わるような簡単な英単語で、多くを伝えることができることが実感できます。
 私が、TOEFLのライティングで5/6を取ったのは簡単な英単語を使うようになってからです。


19.苦手な発音を重点的に練習する

例えば、シャワーを浴びているとき、車を運転しているときなど、一人になれるときは、あなたの苦手な発音を集中的に練習しましょう。例えば、” l “、と” R “など。


20.リーディングは音読しながら行う

英語の本を読むときは、普段よりゆっくり丁寧に読んでみましょう。一番良いのは、口で発生しながらの朗読です。また、何ページ読んだかではなく、「新しい発見がどれだけあったか?」を重視しましょう。


21.日本語と英語どちもある本を読む

本を読む際は、例えばハリー・ポッターのように、日本語でも英語でも発行されているものを使うと良いでしょう。あらかじめストーリーを知っているものを読むと、理解するのも楽ですし、読書もはかどります。


22.漫画やアニメを見える

漫画やアニメは、楽しく英語と触れるために最適なツールです。YouTubeで、海外のアニメや漫画を検索すると、いくらでも見つけることができます。私も、カナダに留学していたころ、子供用のアニメ番組をよく見ていました。


23.英語で考える癖をつける

「英語の夢を見るようになれば、英語は身についている証拠」と言われますが、そのためにも、日頃から英語で考える癖をつけるようにしましょう。もし、英語で浮かんでこなかったら、それをメモして、どのように言えば良いのかを調べておきましょう。


24.いつも使うものに単語カードを貼る

いつも身の回りにあるものに、英単語カードを貼っておきましょう。例えば、電話には Cell phone と書いた紙を貼っておきましょう。そして、その紙を見ないでも、英語で言えるようになったら、その紙を外しましょう。もちろん、紙を外した後も英語で言うようにしてくださいね。


25.自分の英語を録音する

英語を話せて、発音を直してくれる友人や先生がいない場合は、自分の英語を録音して、英語のCDなどの発音と比べてみる事で、直すべきところがすぐに分かります。苦手な発音リストを作って、重点的に練習をしましょう。


26.英語を話せる友人を作る

これはとても大事なことなのにも関わらず、英語学習者さんのほとんどの方がやっていません。英語を話せるようになってから、英語スピーカーの友達を作るのではなく、そうした友達がいるから英語がグングン上達します。

あなたの周りで英語を話せる人はいませんか?それとも、そうした人を紹介してくれる友人はいませんか?自分から積極的に探しにいきましょう。


27.オフの日を作る

英語の学習は継続がなによりも大切ですが、時には、1日2日ぐらいは休みを取るようにしましょう。効果的な休みは、あなたの集中力や勉強に対する意欲を回復してくれますし、それまで学習した内容が記憶に定着するのを助ける効果もあります。


まとめ

いかがでしたか?もう、既にやっているものもあれば、全然やっていなかったものもあると思います。特に今まで、机の上の勉強ばかりしていた方には、耳が痛いものもあったのではないでしょうか。

ぜひ、あなたの英語学習に取り入れられるものは積極的に取り入れて、英語力をグングン伸ばしてくださいね!