英語で天気を表す32個の形容詞を簡単完璧に暗記する方法



英語には、晴れや曇りを表現する「sunny」や「cloudy」などの天気を表現する英語がありますよね。

    • 晴れのときは「sunny」
    • 曇りのときは「cloudy」
    • 雨のときは「rainy」
    • 雪のときは「snowy」

私も、このように思い込んでいました。

でも、ラスベガスに行ったときに、空が雲で一面を覆われていて「It’s cloudy」と思っていたら、、、機内アナウンスで「overcast」と表現されていてびっくりしました。※「overcast」は、「cloudy」よりも、もっとどんよりとした感じの天気です。

確かに、曇りは「cloudy」で良いのですが、「overcast」も知っていた方が良い。暑いは「hot」で良いけど、焼けつくような暑さ 「schorching」も知ってたら便利だろう。

そう思って、今回は、天気を表現する英語の形容詞を写真つきでまとめました。今日で天気の形容詞を覚えてしまって、様々な天気の時に英語で格好よく言えるようになってしまいましょう!

 

天気を表す32個の形容詞マスタートレーニング

それでは、さっそくトレーニングの説明をしますね。今日は、下記の32個の形容詞を完璧に覚えるための写真を用意しています。

arid / balmy / blusterous / calm / clear / close / cloudy / damp / dark / dry / drizzly / foggy / freezing / frosty / hazy / hot / humid / icy / misty / muggy / overcast / rainy / raw / scorching / showery / snowy / steamy / stormy / sunny / tempestuous / warm / windy

これらを以下の順番で進めて行って下さい。

①マスターしたい形容詞の説明を見る:まずそれぞれの形容詞が表現する天気の意味を日本語で表現しています。

②用意した写真を見る:次に、それぞれの形容詞を表現している写真やイメージを用意しています。こちらの写真を見ながら、日本語で言っている意味を理解し、英語と照らし合わせていきましょう。

③写真を見て、英語を見てを繰り返す:次に、英語の意味をイメージで理解するために、日本語の説明を読まずに、英単語と写真を交互に見るようにします。そして、英単語を見たら今度は写真の画像をイメージできるようにするために、英単語を見た後は目を閉じて、今まで見ていた写真を頭の中でイメージします。これによって、英単語をイメージ化することが可能になります。

それでは早速始めましょう!

 

1.arid

arid の意味は気候や土地などが渇ききって、湿気がない状態を表現します。

 

2.balmy

balmy の意味は天候や風が穏やかでさわやかな状態を表現します。

 

3.blusterous

blusterous の意味は波や風などが荒れ狂った状態を表現します。

 

4.calm

calm の意味はおだやかで静かな、無風の状態を表現します。

 

5.clear

clear の意味は澄み渡った晴れた状態を表現します。

 

6.close

close の意味は天気がうっとうしく、蒸し暑い状態を表現します。

 

 

7.cloudy

cloudy の意味は曇った状態を表現します。

 

8.damp

damp の意味は湿気のある状態を表現します。

 

9.dark

dark の意味は真っ暗な状態を表現します。

 

10.dry

dry の意味はかわいて乾燥した状態を表現します。

 

11.drizzly

drizzly の意味は霧雨のような状態を表現します。

 

12.foggy

foggy の意味は霧の深く立ち込めた状態を表現します。

 

13.freezing

freezing の意味は凍えるくらい寒い状態を表現します。

 

14.frosty

frosty の意味は霜の降りたとても寒い状態を表現します。

 

15.hazy

hazy の意味はかすみがかったもやの深い状態を表現します。

 

16.hot

hot の意味は暑い状態を表現します。

 

17.humid

humid の意味は蒸し蒸しする状態を表現します。

 

18.icy

icy の意味は氷でおおわれた状態を表現します。

 

19.misty

misty の意味は霧が立ちこめた状態を表現します。

 

20.muggy

muggy の意味はじめじめするむし暑い状態を表現します。

 

21.overcast

overcast の意味は一面に曇った状態を表現します。

 

22.rainy

rainy の意味は雨模様の状態を表現します。

 

23.raw

raw の意味は湿っぽくて冷たい状態を表現します。

 

24.scorching

scorching の意味は焼けつくように非常に暑い状態を表現します。

 

25.showery

showery の意味は波にわか雨の降っている状態を表現します。

 

26.snowy

snowy の意味は雪におおわれた状態を表現します。

 

27.steamy

steamy の意味は高温多湿の、水蒸気の多い状態を表現します。

 

28.stormy

stormy の意味は暴風雨の荒れ模様の状態を表現します。

 

29.sunny

sunny の意味は晴れた状態を表現します。

 

30.tempestuous

tempestuous の意味は大あらしの状態を表現します。

 

31.warm

warm の意味はぽかぽかあたたかい状態を表現します。

 

32.windy

windy の意味は風のある状態を表現します。

 

いかがでしたか?

今回は英会話学校などで勉強している社会人の方からのご要望で作りました。

misty, steamy, humid, close など湿気のある状態でもいくつも表現があることが分かったと思います。但し、明確な区別というのは、どうしても個人差があり、分かりにくい部分だと思います。そこは、ネイティブや英語圏の人と付き合う中で、「あっ、この気候・天候の時はこのように言うんだ」ということを、あなた自身が感覚とともに手に入れて行って下さい。

そう。私がラスベガスの機内で、overcast はこの天気なんだな、と分かったように。

あなたの英語の勉強に少しでも役立てば幸いです。また、英語に関して、あなたが知りたいことがあれば、是非リクエストを送って下さいね!

誰でも簡単に英語を話せるようになるトレーニング!
「英語って難しい」「何年も勉強が必要」と思っていませんか?私、宗形の生徒さんは早い人なら3週間〜3ヶ月で英語を話せるようになっています。


私の生徒さんも実践しているトレーニング音声をプレゼントしています!すぐに英語が上達します!




Facebookページにもご参加ください「わいわい英会話」のFacebookページでは、毎日英語上達に役立つコツをお届けしています。さらに!今、私の生徒さんの横沢さんが4週間の英語学習でどれだけ話せるようになるか?というチャレンジ企画をお届けしています!