英語力がグングン伸びる人に共通する10の特徴〜これで解決!英語の悩み〜



 今日は、英語がすぐに上達する人には共通点をお話します。

日本でいちばん親切な英語学習法』のアリスン・デバインさんが発見したものなのですが、私も、これには深く共感しました。

英語を学習している人なら、誰でも知っておくべきことなので紹介しますね。それでは、早速始めましょう。

 

1.自分からすすんで正確に推測しようとする人

The good language learner is a willing and accurate guesser.

 英語がすぐにできるようになる人は、文章を読んだり、相手の話を聞いている時に、少しぐらい分からない表現があっても、「分からない!」と諦めることはしません。

その時の文脈や状況から、今の知識だけで、その意味を推測しようとします。

日本の英語教育はテストの点数で評価するので、ほんの少しのミスや間違いがあると減点されてしまいます。その結果、実際の英会話でも「間違い」を恥じてチャレンジできなくなってしまいます。

しかし、英会話には完璧な知識は必要ありません。

実際の会話では、相手の表情や声の調子、ジェスチャーも見ることができるので、あなたの推測は、そう大きく外れることはありません。

 

2.コミュニケーションに対する高い意欲と学ぶ気持ちを持っている人

The good language learner has a strong drive to
communicate 
or to learn from a communication.

 未熟な英語でもいいから、外国人と積極的にコミュニケーションを取ろうとする人、または、他の人々が行っているコミュニケーション(他人同士の会話、テレビ、セミナーなど)から意欲的に学ぼうとする人は、当然、上達が早いです。

語学の習得に限らず何事においても強い意欲を持つことは成功への近道です。そして、目標が明確な人ほど意欲が高いです。

目標は何でも良いです。「英語が出来たらカッコいい」とか、「友達に自慢できる」など、あなたが心から達成したいと思っている目標であれば・・・。

あなたは英語を学ぶ目標の明確化が出来ていますか?

 

 3.(ほとんどの場合)後ろ向きに考えない人

The good language learner is often not inhibited.

 言葉はすべて、他人とコミュニケーションをとるためのものです。ですから、「うまく言えなかったり間違えたりしたら恥ずかしいな」などと、相手と話してもいないのに後ろ向きになっていると、なかなか話せるようにはなりません。

ほとんどの場合、そうした不安は練習によって解決します。

もし、「間違えたら恥ずかしい」という不安を持っているなら、その不安がなくなるまで徹底的に練習しましょう。例えば、1日5分の練習でも、1年続ければ1825分(30時間!)になります。

 

 4.常に改善しようと心がけている人

The good language leaner is prepared to attend to form.

 上達したいと思っている人は成長のチャンスを逃しません。

例えば、英語を話せる人が使ったフレーズをすぐに真似したり、覚えたばかりの文法を実際に使ってみたりします。これは、ほとんどの日本人はすでに実行していることだと思います。

日本人の英語学習者さんの問題は、むしろ学校で学んだ英語に固執し過ぎている点にあります。

大事なのは、中学や高校の先生ではなく、本当に英語を話せる人の言葉に注目することです。そして、分からない時は何度も聞ききましょう。聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥です。

 

5.よく復習する人

The good language learner reviews.

 多くの人は、一回聞いたり、一回試してみただけで分かったつもりになって満足してしまいます。

英語に限らず、「物事を理解する」とは、頭で分かったつもりではなく、身体に染み付いた状態のことを言います。その状態になって、初めて無意識の状態で英語を使えるようになります。

そして、そのためには復習は欠かせません。

復習と言うと「面倒くさい」と思う人も多いと思います。でも、電車を待っている時や誰かを待っている時などの、ちょっとした空き時間に、知ったばかりのフレーズを何度も言ってみたりしてみましょう。

それだけで、語学は少しずつ身体に染み付いて行きますよ。

 

6.積極的に練習の機会を探したり作ろうとする人

The good language learner seeks out and
makes practice opportunities.

 あなたは、英語を話す機会がないことを理由に英語から逃げていませんか?

身近にそうした場所や機会がないのであれば、自分で英語を練習できる環境を作り出したり探したりする努力をしましょう。

方法はいくらでもあります。例えば、自分一人でテレビの英語番組を見ながら練習することもできますし、一緒に英語を学んでいる仲の良い友達と決まりを作って英語だけで話してみるのも良いでしょう。

日本人は英語を話す機会がないから英会話ができないのではありません。英語を話す機会を作る努力をしていないだけなんですね。

 

7.自分や他人がしゃべっている英語を記録する人

The good language learner monitors
his own speech and the speech of others.

 自分が実際に話して通じたフレーズや単語は、しっかりと覚えておきましょう。すると次回、似たような場面でまた同じ言葉を使えるようになります。

逆に失敗してしまった言葉も同様に記憶します。また、あなたの英語が通じなかったら、それは「間違った英語だった」とか「わかりづらい表現だった」など必ず理由があります。それをメモなどに記録しておきましょう。

そして、その場で相手に聞いて教えてもらうか、後で、適当な言い方を探します。また他人同士の会話で、初めて聞いたものがあれば必ず記録しておきましょう。

発音に関してもそうです。今はiPhoneなどで、自分の発音を簡単に録音することができます。そうすると、ネイティブと自分の発音を比べることができて、飛躍的に上達しますよ。

 

8.「意味合い」に注意を払える人

The good language learner attends to meaning.

 上達が早い人は、話の文脈からその「意味合い」を理解しようと集中します。

たとえば、”It’s raining cats and dogs!”という文をはじめて耳にしたとします。この場合、raining の意味は分かりますよね。同じくcatsとdogsの意味もわかります。しかし、この3つの単語を文にするとどういう意味になるのかわかりません。

でも、その時に窓の外を見れば、土砂降りの雨だったとします。すると、”It’s raining cats and dogs!”は、「土砂降りの雨」という意味であることがわかります。

同様に、運転中、路肩に車を止めて困っている人を見つけたとします。すると相手はあなたに”Could you help me jack it up?”とジェスチャーを交えて頼んできました。jack it upというフレーズの意味が分からないとしても、状況から、相手はあなたに、車をジャッキで上げる(起こす)ことを頼んでいることが分かりますよね。

一つ一つの単語や文法の意味に固執していてもあまり意味はありません。それよりも、全体の状況や文脈から、相手が伝えたい言葉の「意味合い」に注意を払いましょう。

この能力は必ず誰にでもあります。あとはその能力を効果的な学習で引き出すだけです。

 

9.英語で考えようとする人

The good language learner learns to think in the language.

 日本語で考えてから、それを英語に置き換えて話そうとすると、「(いただきます)や(お先に失礼します)は英語でなんと言うんだろう?」というような細かい点に足を取られて、先へ進めなくなってしまいます。

そうではなくて、知っている言葉から実生活に取り込んで行きましょう。

例えば、” a glass of water ” というフレーズを知っているとしたら、喉が渇いた時に、頭の中で、「水を飲もう」ではなく、「” a glass of water “を飲もう」と考えましょう。このように、知っている英語は片っ端から置き換えるようにして下さい。

やり慣れない時は、ちょっと恥ずかしいかもしれません。でも、これをやると、驚くぐらいに英語がサラっと出てくるようになりますよ。

 

10.語学習得の際に感情面に注意を払える人

The good language learner pays attention to
affective aspects of language acquisition.

 英語学習の際は、やる気満々なときもあれば、英語なんてうんざり!という気持ちのときもあります。

うんざりだと感じたときには頑張りすぎないで、休んだっていいんです。休めば、やる気はまた自然と湧いてきます。

誰だって調子の良い時もあれば、悪い時もあります。英語力がグングン伸びる時もあれば、中々思うように伸びずに焦ってしまう時もあります。

そのような波は、誰にでもある自然なことなんだと知りましょう。悪い時は、パニックになって、諦めてしまわないことがいちばん大切です。そんな時は「今を乗り越えたら次はきっともっと良くなるんだ」と自分に言い聞かせてください。

けっしてあなたが弱い人間だということではありません。私たちは間違えるときもあります。間違いだらけでも落ち込まないで、間違いから学べることを探します。実は、そういう状況の時こそ、人は、もの凄い早さで成長しているのです。

 

まとめ

 いかがでしたか?見返してみると、英語に限らず仕事や勉強、スポーツなどにも当てはまるものが多いですよね。

英語学習だけに限らず、物事をマスターするには、同じことが言えますね。

このブログでは、英語を学ぶために役立つ様々なプログラムを無料で用意しています。必ず、あなたの英語学習の役に立つものだと自信を持って提供しているものなので、ぜひ、目を通して見て下さいね。

また今日の内容が役に立ったら、ぜひ、下の「いいね」や「ツイート」「はてぶ」ボタンを押して、あなたの友人にも、このブログ記事を紹介して下さいね。

誰でも簡単に英語を話せるようになるトレーニング!
「英語って難しい」「何年も勉強が必要」と思っていませんか?私、宗形の生徒さんは早い人なら3週間〜3ヶ月で英語を話せるようになっています。


私の生徒さんも実践しているトレーニング音声をプレゼントしています!すぐに英語が上達します!




Facebookページにもご参加ください「わいわい英会話」のFacebookページでは、毎日英語上達に役立つコツをお届けしています。さらに!今、私の生徒さんの横沢さんが4週間の英語学習でどれだけ話せるようになるか?というチャレンジ企画をお届けしています!