日本人が面食らう英語の数字の読み方に強くなる方法



突然ですが、9,381,671,321,495の英語の読み方は分かりますか? 回答は後ほど。。。

今回は、英語の数字の読み方について強くなる方法をお伝えします。実は、英語と日本語の数字の読み方はちょっと違います。例えば、10000を日本語では、「1万」と言いますが、英語では、「千が10個ある」と言う言い方で、One thousand と言います。

それに、11、12、13、、、は「じゅういち、じゅうに、じゅうさん」と10と言う数字に1がついて、じゅういちなんだな、と分かりやすいですが、英語では、「eleven, twelve, thirteen」とまったく読み方が変わっていきます。

この理由は何なのでしょうか?

 

ティーンエージャーは何歳から何歳まで?

ティーンエージャーと聞くと、日本では、「10代」と考えている人も多いのではないでしょうか?そのため、日本では、11歳や12歳の小学生も、「ティーンエージャー」に含まれると思っている人が多いです。

しかし、英語では、11歳と12歳は含まれません。実は、11「イレブン」、12「トゥエルブ」には「ティーン」と言う発音がないのです。

この理由は、大昔の人々は、手の指を使って数を数えていたのですが、手の指は10本しかなくて、11個目は一つ余る事になります。そこで、11のことを「そして一つ残った」という意味の「イレブン」、12のことを「そして二つ残った」と言う意味で「トゥエルブ」と数えたそうです。

しかし、13以上は、「3と10」「4と10」と数えたので、3や4に10を意味する「ティーン」をつけて表すようになったそうです。つまり、ティーンエージャーは、ティーンと言う読み方がつかなかった11歳、12歳を除く、13歳(thirteen)から19歳(nineteen)であるわけです。

 

英語の数字の読み方は、3つの0で分ける。

英語の数字の読み方は、先ほどお伝えしたように、1000が10個で10000と読むなど、日本語とはちょっと違うので、一見複雑かな?と思いきや、実は非常にシンプルでかんたんです。

それは、数字を3ケタごとに区切って、コンマを置いて、その固まりごとに、言い方が決まっているんです。

例えば、

1,000 は one thousand (千)

1,000,000は one million (100万)

1,000,000,000は one billion (10億)

1,000,000,000,000は one trillion (1兆)

そのため、3,000は three の thousand があると考えて、three thousand と言います。

 では、少しだけ練習をしてみましょう。

 

数字を読む練習問題。

123,456,789

これは、123個の1000,000の固まりと456個の1,000の固まりがあると考えて、

one hundred twenty-three million

four hundred fifty-six thousand

seven hundred eighty-nine になります。

 

さて、冒頭の9,381,671,321,495 はどうなりますでしょうか?

nine trillion

three hundred eighty-one billion 

six hundred seventy-one millon

three hundred twenty-one thousand

four hundred ninety-five

になります。

いかがでしたか?

3つの0で区切る数字の言い方に馴れてしまうと、英語の数字の読み方も難しくなくなるので、是非、練習してみてくださいね。

参考文献:『つい人に話したくなる英語のおもしろ雑学』 夢文庫

『スッキリ解消! 英語・素朴な疑問』 マクミランランゲージハウス

誰でも簡単に英語を話せるようになるトレーニング!
「英語って難しい」「何年も勉強が必要」と思っていませんか?私、宗形の生徒さんは早い人なら3週間〜3ヶ月で英語を話せるようになっています。


私の生徒さんも実践しているトレーニング音声をプレゼントしています!すぐに英語が上達します!




Facebookページにもご参加ください「わいわい英会話」のFacebookページでは、毎日英語上達に役立つコツをお届けしています。さらに!今、私の生徒さんの横沢さんが4週間の英語学習でどれだけ話せるようになるか?というチャレンジ企画をお届けしています!