日本にいながら留学と同じ効果を得られる英語スピーキング学習法

日本にいながら 英語

「留学したら誰でも英語を話せるようになるのだろうか?」英語を学習している人なら、誰でも一度は、こんな疑問を持ったことがあるのではないでしょうか?

私がカナダに留学していたころの経験や、その頃に出来た日本人の友人たちと接していた経験から言うと、残念ですが、「留学したら誰もが英語力が伸びる」というのは甘い考えだと思います。

なぜなら、友人の中には英語が全く伸びずに諦めてしまった人も少なくなかったからです。そこで私は、留学で伸びる人と伸びない人の違いをずっと考えていました。そして、その原因を発見してから、私の英語力はグングン伸びていったのです。 


1.留学で語学力が伸びる人と伸びない人の違い

実際、私もカナダに留学して語学学校に通っていた最初の6ヶ月は、ほとんど英語力が伸びませんでした。なぜなら、そこで学ぶものも、日本の学校と同じで、単語や文法、細かい発音などの英語の「知識」に偏っていたからです。

しかし、英会話は知識ではなく「話す」という行動です。そのため、英語を「知識」として知っている状態から、もう一歩踏み込んで、無意識に使えるという「行動レベル」まで落とし込む必要があります。

そして、留学の最大のメリットは、英語の知識を「行動レベル」まで落とし込む訓練を毎日できるというところにあります。

留学して伸びる人と伸びない人の違いもここにあります。

前者は、外国人の友達を作って、一緒に遊びにいったりして、英語を使うことによって、無意識のうちに知識を行動レベルに落とし込む訓練をしています。しかし、後者は、いつまでたっても不安が拭えずに、知識の勉強ばかりにこだわってしまいます。

本当は、英語を話すために十分な知識が、既にあるにも関わらず・・・このことに気付いてから、私の英語力は語学学校の先生すら驚くぐらいに伸びていきました。そして、実は、当時、私がやっていた訓練は日本にいても実践することができます。今から、その方法をお話しますね。


2.日本にいながら留学と同じ効果を得られる英会話学習法

留学と同じぐらいの効果を得られる英会話の学習法を動画でお話しますね。

いかがでしたか?つまり、

  1. 行動記憶|英語を実際に使う
  2. 体験記憶|その場の状況と一緒に「体験」として身体に記憶
  3. 感情記憶|その時の自分の感情も一緒になって記憶に残る

この訓練をすることによって、頭の中だけに「知識」として蓄えられていた英語が、身体に「身につき」ます。そして、英語が身体に身につくと、無意識に「行動レベル」で英語を話せるようになるのす。

そして、これと同じステップを抑えて訓練をすることで、留学しているのと同じぐらいのレベルでスピーキング力が身につきます。

つまり、留学をしなくても英語を身につける方法はあります。

ということなんです。これから、そのためのトレーニング方法をお話しますね。


3.留学と同じ効果を得られる4つのトレーニング法

それでは、今から留学と同じ効果があるスピーキングのトレーニング方法をご紹介します。

①日常生活でよく使う簡単な英語フレーズを20個選ぶ

あなたが生活の中でよく使いそうだなと思うフレーズを書き出してください。最初は、3語〜5語ぐらいの単語で構成されている短いフレーズを20個程度用意しましょう。今回は練習用として、日常生活で良く使うフレーズを用意させていただきました。

もしかしたら、「簡単すぎる!」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、会話のほとんどは、こうした短いフレーズを覚えておくことでこなせるようになります。また、沢山の難しい英語フレーズを知識として知っていても、会話となるとほとんど意味がありません。

それよりも、短いフレーズを自由自在に使えるようになることが大事です。

②音声を真似て、これらの英語フレーズを感情を込めて発音する

音声を用意しているので、それぞれの英語フレーズを使うような場面をイメージしながら、感情をこめて発声してください。何度も練習して、上のテキストを見なくても、発音も意味も完璧にできるような状態まで落とし込んでください。

音声: 

③日常生活で無意識に英語フレーズが出てくるようになるまで使う

日常生活の中で、訓練した英語フレーズを言うのに適した場面があれば意識的に使うようにしましょう。

繰り返しているうちに、何気ないときに無意識に英語が出てくるようになります。そうなれば、その英語は、知識としてではなく、行動レベルで、あなたの身体に身についています。

④また新しい20フレーズにチャレンジする

ここまで出来たら、また新しい20フレーズを自分で選んで、チャレンジしていきましょう。一回目よりも遥かに短時間で身につけることができるはずです。音声付きのフレーズ集などを手に入れて、正しい発音で覚えるようにしてくださいね!


まとめ

多くの英語参考書では、英語の知識はつきますが、「行動」を前提としたものがありません。それでは、いつまでたっても「話せない。」「覚えられない。」というのは当たり前です。

  • 実際に英語を使おうとする気持ち
  • その場にいるという臨場感
  • 感情を込めて英語を話す

これらの点を踏まえて、トレーニングをすれば、英語があなたの身につき、スピーキング力が驚くほど伸びていきます。私は、この方法で、日本にいながらインドネシア語の日常会話を60日でできるようになりました。

留学などに頼らなくても、英会話を身につける方法はいくらでもあります。ぜひ、毎日の学習を工夫して、楽しみながら英語を身につけてくださいね。