応用編の答えと解説


 

1.He is (going) to visit his uncle this summer.
 (彼は夏に叔父を訪ねます。)

going to ~ は、近い未来を表す言い方です。

 

2.I’m so tired that I cannot work hard today.
 (わたしはとても疲れているので今日は激しく働けない。)

「so ~ that …」は、「too ~ to …」と同じ意味があります。

 

3.I (have) to finish this work by 7:00.
 (7時までにこの仕事を終わらせないといけません。)

「have to ~」 は、「must ~」と同じ意味があります。

 

4.I have never seen (such) (a) high tower as that.

「あんなに高い塔は見た事がない = 今まで見た中で一番高い塔」となります。

 

5.Three years have (passed) since I entered this company.
 (この会社に入ってから3年が過ぎた)

「It has been 3 years since ~」でもOKです。

 

6.She seems to be a good cook.
 (彼女は良いコックに見える。)

「It seems that ~」(〜のように見える)と同じ意味です。

 

7.We are working as hard as we can.
 (わたしたちは出来るだけ一生懸命働いています。)

「as ○○○ as we can」 = 「as ○○○ as possible」 どちらも同じ意味です。

 

8.I had my car (repaired) by my father.
 (お父さんに車を直してもらいました。)

「have ~ + 過去分詞」で、「〜を・・・してもらう/される」という意味です。
I had my bike stolen.(私はバイクを盗まれました。)など。

 

9.Hurry up, (or) you will miss the last train.
 (急がないと、最終電車に乗り遅れますよ。)

「命令文 + or 」で、「〜しなさい。さもないと・・・」という意味になります。
「命令文 + and」だと、「〜しなさい。そうすれば・・・」という意味です。

 

10.People (living) in Osaka love jokes.
 (大阪に住んでいる人は、ジョークが好きです。)

現在分詞が、直前の名詞を説明する形です。「People who live in Osaka ~」よりも会話の中で使われやすい言い方です。