ネイティブレベルの英語を諦めたら、英語が上達した5つの理由

ネイティブ 英語

資格天国の日本。それは英語の分野でも同じです。企業においてはTOEICが850点以上というのが条件という会社も多いですよね。TOEICの点数でその人の英語力が決められてしまうのは残念な気がします。TOEICの点数は低いよりも高い方がいいとは思います。ですが、TOEICの点数が高いからと言って、英語ができるとは限りませんTOEICなどを受けたことがない人が、海外の企業と対等に交渉をしている方はたくさんいます。



日本人の多くは、「完璧に話さなくては!」という思い込んでいる方がとても多いです。しかしビジネスでは、流暢に英語が話せるかよりも、どれだけ熱意があるかが大切です。完璧な英語でなくても、一生懸命に話を理解しようとしてくれるものです。

逆の立場になって見ましょう。交渉相手が完璧な日本語を話せなくても、ものすごい熱意で気持ちを伝えようえとしていたら、精一杯理解しようとするはずです。



完璧さを目指すよりも、自分の言いたいことを簡単な言葉で説明できる事が何よりも大切です。そこで、私自身が『完璧な英語』を諦めてから、英語力が上達した5つの理由をご紹介したいと思います。





1.完璧でなく当たり前と開き直る

英語は日本語とは語源が違うのですから、発音も文法もまるで違う言語。「英語が完璧にできなくて当たり前」と開き直ってしまいましょう。そうすることで、ひとつフレーズを使えるようになる度に「あ、やればできる!」という喜びになります。そうすることにより、勉強のモチベーションも上がります。

英語の勉強をしていて陥りがちなのが、「こんなに一生懸命に勉強しているのに、どうして上達しないのだろう・・・」と自分を追い詰めてしまったりと、非常にもったいないです。勉強した分は確実に上達しています。

マイナス思考に陥ってしまう前に開き直ることで、多少の間違いなんて気にならなくなります。すると英語の間違いに対する
恐怖心がなくなります!



2.簡単な英文をたくさん読む

まずは簡単な英文で書かれている本をたくさん読みましょう。いわゆる多読です。


「仕事で英語を使うから」と、最初からビジネス英語の勉強を始める方は多いと思います。例えば、英字新聞・TIMES・CNNなど。しかし、いきなりハードルが高いと挫折してしまう原因になりかねません。

そこで、児童書より少しだけレベルをあげてシドニー・シェルダンなどの文章をオススメします。児童書と比べるととても分厚いので、「読み切れるかな・・・」と不安に感じるかもしれませんが、ストーリーがおもしろい上、とてもわかりやすい英語で書かれていているので、挫折せずに読み切れます。また会話が多く、使えるフレーズが多く存在します。

女性の方でしたら、ダニエル・スティール、ニコラス・パークス、ソフィー・キンセラの「レベッカのお買いもの日記」シリーズなどがおすすめです。どれも日本語訳の本があるので、まず日本語で読み、大まかな内容を把握してから洋書を読むと理解しやすいです。


3.英英辞書を使う

わからない単語を調べる際、英英辞書を使いましょう。日英辞書を使っている人が多いかと思いますが、英英辞書を使うと、言葉を説明する文章のフレーズを普段から触れることになり、とても勉強になります。単語の意味を調べながらフレーズを覚えられる、まさに一石二鳥ですね。

慣れないうちは英英辞書はとても難しく感じますが、
普段から使うことによりだんだんと慣れていき、フレーズを自然と覚えていくでしょう。


4.好きな洋楽をたくさん覚える



好きな洋楽をたくさん覚えましょう。自分の好きな曲は、繰り返し聴きますよね?歌は1曲数分のものが多く、聴いてるうちにだんだんと歌詞が
自然と入ってくるので、覚えるのにそんなに苦労しないはず。ですから、洋楽を使って英語の勉強をすると、とても身につきます。

  1. 歌詞をみながら、好きな歌手の曲を繰り返し聴きます。同時に日本語訳をみながら、歌詞を理解する。
  2. 何度も何度も一緒に口ずさみながら、暗記をする。
  3. 覚えられたら、歌詞を見ずに一緒に歌う。そして英語の歌詞を紙に書き起こし、答え合わせをしてみる。

このようにして一曲を完璧に覚えると、日常的に使える表現を覚えていきます。「
英語の勉強には洋画がいいよ。」と、よく言われます。確かに、ほとんどの洋画に字幕がついているので、勉強にはもってこいです。しかし映画は、1本が長すぎて全て暗記するのは、とても大変です。


洋楽がいいポイントは、音によりフレーズがよみがえりやすいということです。
例えば、思い出の音楽を聴くと、その時の場面などが鮮明に思い出されることがありますよね。それと同じ感覚です。

何曲も覚えていくと、かなりの英語のフレーズを覚えることがでいます。




5.自分が好きなことを相手に伝えよう



自分が好きなことを、英語で相手に伝えましょう

英語力とは、相手とコミュニケーションをとることです。
つまり完璧さを求めず、間違えても気にしない勇気をもつことです。はじめは単語を並べるだけでもいいのです。『相手に通じる』という楽しさの体験を重ねることが大切です。
たくさんの単語を知らなくても、英文法がわからなくても大丈夫!伝えようとする気持ちをあなたが持っていれば、相手も理解しようとしてくれます。

自分の好きなこと、興味があることは自分自身が抵抗なく入りやすい分野です。<好きこそものの上手なれ>嫌いなことに対しては覚えようとしてもなかなか難しいですが、好きなことになってくると話は別です。最初は英単語が理解できなくても徐々に覚えられていくものです。好きなことから入り、英語を楽しみながら学んでいきましょう。



まとめ

はじめに、『完璧な英語を話さなくては』というような概念を取り除いてください。もちろんTOIECの点数は高いほうがいいですし、文法を正しく話せることは大切です。しかし、それを念頭に置いてしまうと自分自身を追い込んでしまい、外国の方を前にした時、話すことができるでしょうか?きっと答えは『NO』です。多くの日本人は、間違いを恐れてしまいます。そうなってしまうより、完璧でなくても、簡単な単語の羅列でも、『相手に伝えるんだ』という気持ちを示して、話すことが大切です。

相手に伝わる楽しさを知り、徐々に単語やフレーズを覚えていき、多くの人々とコミュニケーションを取ることで、英語力はぐんぐん上達していきます。一番大切なのは、相手に伝えるということです。

<おまけの名言>



Failure is a stepping stone to success.

「失敗は成功のもと」