COME 回答&解説


 

I’m coming ! 「今、行きます!」

人に呼ばれたときは、I’m coming が正しい返事です。I’m going は「今出かけるところです」になり、聞き手のところに行く意味になります。

 

Here comes the rain again. 「また雨が降って来たよ」

” Here comes ~ ” は、「ほら、ここに来た」という場合に使います。

 

With the tax, the total comes to 150 dollars. 「税金を含めて150ドルになります」

このcome to は、来るという意味ではなく、「年齢や合計額が○○に達する」という意味です。

 

How come the pen is missing. 「なんでペンがないの?」

” How come ? ” は、「いったいなんで?」という驚きの表現でWhyと同じような意味になります。

 

I came across my boss on the train 「電車で偶然、ボスに会ったよ」

come across 「出くわす、見かける/思い浮かぶ、心をよぎる、偶然に出会う」などの意味があります。考えや思いが心をよぎる場合にも使います。

 

She is coming along well with her task. 「彼女はうまく仕事をこなしています。」

come along with 「一緒にくる、うまくやっている」

 

Please come by anytime. 「いつでもお立ちより下さい」

come by 「ちょっと来る。立ち寄る」

 

The problem comes from lack of communication. 「問題は連絡不足から生じています」

come from ~ 「〜の出身である。〜に由来する/〜から生じる」

 

Come on! Listen to me. 「ねえ!ちゃんと聞いてよ」

come on 「こっちに来なさい。急いで。やめて。がんばれ」など、様々な意味があり、普段は、相手の口調や表情などで推し量ります。

 

The truth will soon come out. 「間もなく、本当のことが明らかになるだろう」

come out 「出る。姿を表す。明らかになる。〜という結果になる」直接の意味は、何かが外部に露見するという意味です。日本語でもカミングアウトという言葉が使われますよね。

 

How did you come up with the idea? 「どうやって、そのアイディア思いついたの?」

come up with ~ 「〜を考え出す。創り出す。」