最少限の英単語でガンガン話すための10のぐうたら音声トレーニング



英会話ができるには、本当に何千も何万も、英単語が必要なのでしょうか?日本では大学受験には8000語、TOEICの、満点レベルだと20000語の英単語が必要だと言われています。聞いただけで、気が遠くなってしまいそうですね。

でも、あなたは英会話に関する次の事実を知っていましたか?

英字新聞の95%は3120語の英単語が使われている。さらに、話し言葉の95%は、1500語で構成されている。

さて、今回は、あなたに、英会話に高い英語レベルはいらないことを知っていただくために、「少ない単語で話せる」という事実のお話と、その後に、「10のぐうたら音声トレーニング」を用意しました。

今日、これから英会話に必要な単語力を一緒に身に着けて行きましょう!

 

ニュース番組でも1500単語だけしか使われていない

いきなりですが、下の動画は『ボイス・オブ・アメリカ』というニュース番組です。現時点では、まったく理解できなくても大丈夫なので、さっそく、見てみて下さい。30秒〜60秒も見れば十分です。

なぜ、この番組を紹介したのかというと、もちろん理由があります。実は、この番組の中では、たったの1500単語しか使っていないんです。政治や経済、音楽やエンターテインメント、スポーツなど、あらゆるニュースを、少ない単語数で報道しています。かなり、ぐうたらですよね

でも、何千、何万も英単語を覚えても、実際の会話では、そんなに使いません。

例えば、” profane ” 「卑俗」や、” berth ” 「停泊」など。ハッキリ言って、外国人でも、会話の中で、こんな単語は、一生に一度使うかどうかです。

 

日常的に使う単語数は500程度

実際の英会話で使われている単語数はこんなに少ないんです。さらに、日常英会話はもっと簡単で、500ほどの単語を知っていれば十分に話せます。

普段、日本語で友達と話しているときのことを思い返してみて下さい。驚くほど少ない単語数で話しているのが分かると思います。実は、英語も同じで、会話で使う単語数なんて、限られています。でも、既に十分な単語力があるにも関わらず、「もっと単語を覚えないと!」と、必要以上に、知識を詰め込んでしまっている方が、日本にはとても多いんです。

ほとんどの方は、既に十分な単語力が備わっています。

そこで、まずは、既に、十分な単語力があるかどうかを簡単に確認してみましょう。また、単語力に自信がなければ、「ボイスオブアメリカ」で使われている英単語集を、下の音声とともにダウンロードして学習しましょう。

 

カタカナ英語チェック10

これらは、カタカナ英語・外来語として知っているはずの英単語です。下の音声を聞いて、意味が分かるかどうかを調べてみましょう。80%(8問以上)正解していればOKです。

音声を聞く:

以下の単語の意味は分かりますか?分からなければ自分で辞書を引きましょう
count direct floor goal iron
 joke mail noise price score

 

中学必修単語チェック20

次は、中学必修英単語リスト(全507語)の中から抜粋した問題です。同じように、チェックしてみてください。こちらも80%(16問)正解が基準です。

音声を聞く:

以下の単語の意味は分かりますか?分からなければ自分で辞書を引きましょう
angry bank cousin dictionary experience forest garden holiday idea kid

library  mouth  nature  opinion  problem  reason  society  team  vacation  weekend

 

高校初級英語チェック20

さて、最後は、高校初級までに習う英単語600語の中から抜粋した問題です。聞き慣れない単語もあるかもしれませんが、早速チェックしてみましょう。65%(13問)以上で分かれば十分です。

音声を聞く:

以下の単語の意味は分かりますか?分からなければ自分で辞書を引きましょう
admit  allow  bear  celebrate  compare  distance  duty  empty  forgive  guess

hate  increase  issue  leak  material  notice  organize  pollute  quit  shrink

 

合計で50問ですが、37問以上分かるなら、あなたは英会話のために十分な単語力があると考えられます。もし37問よりも少なかったら、まずは、1週間集中して最低限の単語を覚えましょう。とは言っても、難しい単語まで覚える必要はありません。

 

10のぐうたら音声トレーニングで基本動詞を覚えよう。

英単語は500程度覚えていれば、十分、英会話が理解できるようになります。ですが、自分から英語を話すには最低限の動詞の使い方を覚えておく必要がありますよね。でも、たったの10個の動詞で日常英会話の70%は出来るようになります。

ということは、まずは、この10個の動詞さえ覚えておけば、簡単な英会話は、ほぼできるようになるんです。何万もある英単語のうち、たった10個だけを覚えるので、相当ぐうたらです。でも、それで良いんです。

下に、その10の単語の暗記用音声を用意しています。1つの単語で、様々な意味があるので、繰り返し聞いて覚えるようにしましょう。

 

1:COME(来る・近づく)

Comeには、「来る・近づく」といった移動に関する意味の他に、「〜に至る・〜になる」という状態の変化や物事の移り変わりを表す意味合いもあります。

音声を聞く:

音声を聞きながら意味を答えましょう。( )の部分は、何が入るかを予想してから音声を聞きましょう。
I’m coming !

Here comes the rain again.
With the tax, the total comes to 150 dollars.
How come the pen is missing.
I came (     ) my boss on the train
She is coming (     ) well with her task.
Please come (     ) anytime.
The problem comes (     ) lack of communication.
Come (     )! Listen to me.
The truth will soon come (     ).
How did you come (     ) (     )  the idea?

2:GET

Getは、「着く・到着する」と、「〜を得る」という意味合いがあります。また、「○○を〜の状態にする」という意味で使うことも、多々あります。

音声を聞く:

音声を聞きながら意味を答えましょう。( )の部分は、何が入るかを予想してから音声を聞きましょう。You get a taxi easily here.
I didn’t get your last name.
Could you tell me how to get to Yokohama?
Today I was so busy that I got her to help me.
I’ll get back to you soon.
My son gets (     ) the computer game.
That will get you (     ).
Get on the train (     ) Shibuya (     ) Yokohama station.
I believe you’ll get (     ) the shock
Let’s get (     ) again.
My husband has got (     ) completely

3:GIVE

Giveには、「〜を与える」という意味があります。これは、病気や打撃などの、良くないものも含まれます。他にも、「渡す・提出する・もたらす・伝える」などの意味もあります。

音声を聞く:

音声を聞きながら意味を答えましょう。( )の部分は、何が入るかを予想してから音声を聞きましょう。I’ll give you some hints.
I gave the lab report to my boss.
The method gave good results.
Don’t give me that.
I’ll give you a call sometime soon.
A glass of wine might give you a (     ).
I’ve never danced, but I’ll give (     ) (     ) (     ).
Please give my best (     ) (     ) your parents.
What was given (     ) at the meeting?
You should give (     ) smoking.

4:GO

Goには、「行く・進む」または、「始まる・動き出す」などの意味があります。go+toではgoが前置詞の意味を強めるイメージです。

音声を聞く:

音声を聞きながら意味を答えましょう。( )の部分は、何が入るかを予想してから音声を聞きましょう。
I went shopping at the market.

How did your presentation go yesterday?
The cake went fast.
The tire went flat.
You can’t go (     ) her.
Go (     ), I’ll be late.
Several days went (     ).
Where shall we go (     ) lunch today?
Would you go (     ) (     ) me?
You went (     ) a hard day.

5:HAVE

Haveは、基本的には所有の意味がありますが、「〜する・〜させる」という用法もあります。

音声を聞く:

音声を聞きながら意味を答えましょう。( )の部分は、何が入るかを予想してから音声を聞きましょう。This room has no window
Would you like to have some coffee?
Do you have time to talk?
I must have the printer repaired.
I have a big day tomorrow.
If I have (     ) (     ) to hold a party, I’ll invite you.
I have a (     ) (     ).
Let’s have some (     ).
Do you have (     ) (     ) (     ) (     ) them?
I have (     ) (     ) what to do about it.

6:KEEP

Keepには、「維持する・保有する」という意味だけでなく、「行為を続ける」「しないでおく」などの、一定の行動や状態を表す意味もあります。

音声を聞く:

音声を聞きながら意味を答えましょう。( )の部分は、何が入るかを予想してから音声を聞きましょう。You can keep the change.
Keep practicing every day.
He kept quite calm.
She kept me waiting for one hour.
You should keep (     ) (     ) the danger.
I always keep my cell phone (     ) me.
Try to keep (     ) laughing here.
You should keep (     ) (     ). “Fish are friends, not food.”
Be sure to keep (     ) (     ).
I’ll call you if I fail to keep (     ) (     ).

7:MAKE

Makeは基本は「作る」という意味ですが、「得る・成る・引き起こす」という意味もあります。

音声を聞く:

音声を聞きながら意味を答えましょう。( )の部分は、何が入るかを予想してから音声を聞きましょう。
I made a toy for my son.

Don’t make a sound.
You’ll make a great lawyer.
My joke made her laugh.
I made a trip to parents’ house.
Stop making (     ) and just do it.
Don’t worry. We can make (     ).
It makes (     ) to hire someone.
Please make (     ) that everything is alright.
I made (     ) (     ) (     ) which one to choose.

8:PUT

Putは「置く・つける」が一般的な意味ですが、「ある状態にする」という意味や、「〜と置き換える」という意味合いもあります。

音声を聞く:

音声を聞きながら意味を答えましょう。( )の部分は、何が入るかを予想してから音声を聞きましょう。Where did you put it?
He put a glass to his lips.
You should put your room in order.
Let me put it this way.
Please put (     ) these documents.
Put them (     ) in their place.
I put the file (     ) a folder on the computer.
I put (     ) my ideas in the notebook.
We put the trouble (     ) to a small misunderstanding.
Can’t you put (     ) today’s appointment?

9:RUN

Runは、「走る」の他に、「流れる・続く・経営する・立候補する・掲載する」などの意味もあります。

音声を聞く:

音声を聞きながら意味を答えましょう。( )の部分は、何が入るかを予想してから音声を聞きましょう。Buses run every 15 minutes.
The engine runs on electricity.
I run a small business.
We are running (     ) (     ) money.
The moment he saw me, he ran (     ).
He is considering running (     ) the White House.
This play runs (     ) two hours.
The story ran (     ) the magazine.
We’ve run (    ) (     ) the tea.
My boss ran (     ) the report before the meeting.

10:TAKE

Takeには様々な使い方があり、「取る・取り込む」「利用する」「必要とする」「連れて行く」「ある行動をする」など、汎用性のたかい言葉です。

音声を聞く:

音声を聞きながら意味を答えましょう。( )の部分は、何が入るかを予想してから音声を聞きましょう。They were taking their seats for a meeting.
I took your point.
It took me one week to do this work.
Take me to the airport, please.
Let’s take a taxi.
Take (     ) (     ) .
I will take care (     ) the job.
Thank you very much, he will take (     ) from here.
The next meeting will (     ) (     ) on next Monday.
Are you taking (     ) (     ) the ceremony?
Shall we take (     ) making a presentation?
Take (     ) (     ).

 

音声は毎日聞いて覚えよう

もちろん、動詞はこれだけで完璧というわけには行きませんが、やみくもに沢山の動詞を覚えようとするのではなく、まずはこの基本10動詞の種類と使い方を覚えましょう。

コツは、机の上で一生懸命に単語を丸暗記するのではなく、ぐうたら音声トレーニングに合わせて、自分で発音しながらフレーズごと覚えてしまうことです。

そうすると、それぞれの基本動詞の使い方と意味を、一緒に覚えることができるので、記憶により定着しやすくなります。苦手な動詞は毎日聞いて、記憶に刷り込むようにしましょう。そうすれば、もう基本動詞は怖くありません。

 

最後に、覚えた単語はすぐに使えるようにしよう

以上のトレーニングを、あなたが全てをマスターしたとしても、それを、実際に英会話の中で使えるかどうかは別の話です。おそらく、あなたには、「聞いたら意味が分かる単語」と「自分から発することができる単語」との2つに分かれていると思います。

大事なのは、「自分から発することができる単語」を増やすことです。

それを増やすための練習方法は、一つしかありません。それは、実際に話し言葉として使ってみることです。冒頭でもお話しましたが、日本では、TOEICの点数は高くても、ほとんど英語で話せないという人がとても多いです。それは、大手の外資系企業も分かっていて、今では、TOEICの点数よりも、実際の面接での英語のやり取りを重視する傾向が強くなっています。

なので、「知識」としての英語ではなく、「コミュニケーション」としての英語力を付けていただければと思います。そのためには、今日の音声トレーニング(特に動詞)を文章ごと覚えて、繰り返し発声して練習するようにしてみてください。それだけでも、十分な効果があることをお約束します。

English is communication, not a competition.
You can do it too !

誰でも簡単に英語を話せるようになるトレーニング!
「英語って難しい」「何年も勉強が必要」と思っていませんか?私、宗形の生徒さんは早い人なら3週間〜3ヶ月で英語を話せるようになっています。


私の生徒さんも実践しているトレーニング音声をプレゼントしています!すぐに英語が上達します!




Facebookページにもご参加ください「わいわい英会話」のFacebookページでは、毎日英語上達に役立つコツをお届けしています。さらに!今、私の生徒さんの横沢さんが4週間の英語学習でどれだけ話せるようになるか?というチャレンジ企画をお届けしています!